錆びた刀を処分するにはどうしたらいい?

錆びた刀を処分するにはどうしたらいい? 甲冑・刀剣の処分方法

錆びた刀が自宅にあるのですが、処分するにはどうしたらいいでしょうか?どうやら本物のようなので、正しい手順を知りたいです。

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山の刀剣処分に携わってきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、錆びた刀の処分方法は以下を参考にしてみてください。

  • 警察に処分してもらう(破棄手続き)
  • 買取業者に依頼する
  • 専門業者に修復してもらう

錆びた刀が本物なら、単なる金属の塊ではありません。所有するにも処分するにも「登録証」が必要ですし、ごみとして捨てることが不可能です。

この記事では、錆びた刀の処分方法についてまとめました。

適切な処分方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

錆びた刀の処分方法3選

錆びた刀の処分方法は以下のとおりです。

  • ①:警察に処分してもらう(破棄手続き)
  • ②:買取業者に依頼する
  • ③:専門業者に修復してもらう

錆びた刀が本物(日本刀)の場合、所有・処分にかかわらず「登録証」が必要です。また、法律により自治体にごみとして捨てることができないので注意しましょう。

ここでは、上記3つの処分方法について解説します。

①:警察に処分してもらう(破棄手続き)

錆びた刀の処分は、警察にお願いすることで破棄できます。

破棄する手続きの手順は以下のとおりです。

  1. 銃砲刀剣類登録証を準備する(※ない場合は理由をしっかりと説明すれば対応してもらうことも可)
  2. 警察官が日本刀を確認する
  3. 警察署で廃棄手続きを行う

警察署の生活安全課に「錆びた刀を破棄したい」と伝えれば、あとは流れに任せるだけです。

刀の処分を警察にお願いする手順については、以下の記事でくわしく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

日本刀の処分を警察にお願いする手順
日本刀の処分を警察にお願いする手順について解説しています。日本刀は管轄の警察署に破棄の依頼をすることで、比較的かんたんに処分することが可能です。価値がないものや、破損していたり錆びたりしているものは破棄することをおすすめします。

②:買取業者に依頼する

錆びた刀の処分方は、買取業者に依頼するのも手です。

私たち素人が錆びた刀をみても、価値があるとは到底思えないもの。しかし、日本刀を知り尽くしたプロが鑑定すると、真の価値を見抜いてくれます。

刀剣専門の買取業者に査定を依頼するメリットは以下のとおりです。

  • 刀の価値をただしく鑑定してくれる
  • 適正な価格で買い取ってくれる
  • 錆びた刀でも一定以上の価値がある場合は高価買取の可能性あり

ただし、業者選びは慎重に行いましょう。

日本刀が専門外の業者に依頼しても、正当な評価は得られません。

③:専門家に修復してもらう

処分とは別の方法になりますが、錆びた刀を修復するのも選択肢のひとつです。

刀剣専門の業者に依頼すれば、修復できる可能性も。もし錆びた刀が価値のあるものなら、修復する価値は大いにあります。

可能なかぎり専門の修復家に相談して、修復の可能性と費用を確認しましょう。

修復は刀がもってた元の美しさを取り戻す可能性を秘めています。これによって価値が上がることもあるので、検討してみてください。

錆びた刀の他の処分方法は?

錆びた刀の他の処分方法としては以下があります。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 譲渡

いずれも「登録証」が必要ですし、贈与税がかかる場合があります。

筆者としては錆びた状態でも、いちどは買取業者に査定してもらうのがベターかと。価値があればそのまま売れますし、処分がなによりスムーズです。

処分方法の種類と特徴については、以下の記事でくわしく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

刀剣の処分方法まとめ
刀剣の処分方法についてまとめています。刀剣は危険物なので一般的なごみとして処分できません。また買取を希望する場合は「登録証」がないと売買することができないので注意が必要です。

錆びた刀の処分に関するQ&A

錆びた刀の処分に関するQ&Aをまとめました。

情報収集や問題の解決にお役立てください。

Q1:錆びた刀の修復にかかる費用を教えてください

A:錆びた刀を元通りにするには、専門の職人(研師)への依頼が必要です。

研師に依頼する場合の費用相場は、一寸(3.03cm)あたりで6,000~10,000円ほど。標準的なサイズの刀を修復する場合は、だいたい180,000円ほどが必要です。

Q2:日本刀の処分の仕方でおすすめは?

A:日本刀の処分の仕方でおすすめは「買取」です。

錆びた状態のものでも価値があれば買取してくれますし、取引成立まで手厚くサポートしてくれます。多くの方が安心して利用できるので、処分には最適な方法かと。

Q3:日本刀の所有者が死亡した場合はどうしたらいい?

A:日本刀の所持者が死亡した場合の処分方法は以下のとおりです。

  • 所有権の変更登録をする
  • 日本刀を買取に出す
  • 日本刀を寄付する
  • 警察で処分してもらう

遺族が所有するのか、手放すかを基準に最適な方法を選びましょう。

詳細は以下の記事でくわしく解説しています。

日本刀の所持者が死亡した場合どうしたらいい?相続や処分についても解説
日本刀の所持者が死亡した場合どうしたらいいのかまとめました。日本刀の所持もしくは処分には登録証が必要です。買取業者に依頼する場合も必要になるので、ない場合はまず警察署にて必要な手続きをとりましょう。この記事では相続や処分方法についても解説しています。

まとめ

錆びた刀の処分方法について解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • 錆びた刀の処分するには「登録証」が必要
  • 錆びた方でも買取してくれる業者はいる
  • 価値があるかもしれないので、査定に出してから処分を決めた方がいい

錆びた状態でも買取されるケースはあります。

したがって、破棄する前にいちど買取業者の査定を受けるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました